読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キオクノキLOG

タビノキLOG イベントキLOG タイケンキLOG シコウノキLOG

史上最強のインスタグラム展に出展します!

f:id:twinleaves:20150613234651j:image
史上最強のインスタグラム展(@IGersJP 最強展)の壁部門に出展します!
平日の夕方から在廊の予定です😃

#IGersJP最強展 #ザ壁部 #Tokyo

首都高中央環状品川線~山手トンネルウォーク~

f:id:twinleaves:20150301220634j:plain

平成27年3月7日首都高中央環状品川線がまもなく開通。その直前、3月1日に山手トンネルを歩ける企画を知ったので申し込み、2万人参加の中の先着順500組以内に滑り込み。高速道路は一旦開通してしまうとこのような機会はなく貴重な企画。友達を誘って初めての体験を楽しんだ。

 

f:id:twinleaves:20150301220636j:plain

トンネル内は出来立てホヤホヤでゴミひとつ落ちていない。各種標識や看板もピッカピカだ。反射加工の標識を近くで見るうと亀甲の地模様、これが当たった光をその方向に反射する材料なのかと感心する。ライトアップの演出もあって単調な壁面にも目が向く。

 

f:id:twinleaves:20150301220639j:plain

しばらく進むとトンネル工事で使ったシールドマシンなどの展示。模型も動くように出来ていて動作がよく分かる。チビッコたちも目を輝かせていた。

 

f:id:twinleaves:20150301220642j:plain

トンネルウォークは折り返し地点まで辿り着いた。そこではスプリンクラー的な放水設備の実演、雨量にすると300mm/hもの水量だとか。これは消えるな、と思った。大井方向へ進むと各種の車両展示。やっぱり白バイは子どもたちに人気だった。

非常口脇にあるSOSボックス。そしてその隣を見るとアクリル板が貼り付けてある。ここはシールドマシンで開けた穴の横から加工するので躯体の繋ぎ目となる。隙間にはゴムのようなコーキングを施してあるが水が漏れるのであろう。何年に一度も人が近づかない場所なのにこの施工。あいかわらず日本的だなと思った。

 

f:id:twinleaves:20150301220643j:plain

出口は2つのコースに分かれていた。道路のスロープで地上に出る方と非常階段を利用するコース。階段の長距離コースを選んだが案外辛かった。ビルの8階分ぐらいを登った感じ。あと、2階分あったらダメだった途中の休んでいただろう。そんなヘトヘトになりつつも地上へ出たら予想通り雨模様。近所でランチをとって帰路についた。

 

 

【新宿】サザンテラスのイルミネーションを撮る

f:id:twinleaves:20141209002535j:plain

日曜日は夜の写真講座シリーズ第?弾、新宿はサザンテラスで先生の指導を仰いだ。

と、その前に秋から冬に移ろいゆく季節も楽しもうということで昼過ぎから紅葉名所の定番、新宿御苑へ突撃した。新宿門から見事な銀杏やもみじが迎えてくれた。老若男女ほぼすべての入場者がカメラを手にしている。なんと撮影が身近なものになったことか。

 

f:id:twinleaves:20141209002532j:plain

けっこう赤かった。日のあたり具合によってはまだらなところもあったが見事に赤い。見応えのあるポイントは人だかりが出来る。葉っぱの影が落ちたカップルが目についた。こういう画はありがたい。

 

そして、サザンテラスへ。そろそろ日が落ちるころに点灯時間を調べたらなんと1分後。慌ててカメラを回しながらターゲットエリアへ向かっているその時、点いた!

 

f:id:twinleaves:20141209002536j:plain

ボケやブレのテクニックを教授いただきながら各々の視点で撮る撮りまくる。ここも通る人の大半が写真を撮っている。そんな人通りや仲間のショット風景もフレームに入れながらシャッターを押す。

ひと通り撮り終えて忘年会会場に移動。いろんな種類の餃子を頬張りながら、みんなのショットで盛り上がった。

 

ポストカード「東京都新宿夜景」絵葉書postcard

ポストカード「東京都新宿夜景」絵葉書postcard

 

 

京橋~八丁堀~新富町~入船~永代橋~門前仲町~深川~森下 ロング散歩

f:id:twinleaves:20141127201920j:plain

11月も多めのイベント。写真仲間が過酷な海外出張から帰国し、久しぶりに集まった。

東京駅は銀の鈴に集合。久しぶりに目指したこの場所、昔とは違うところにあってびっくりしたが、それはだいぶ昔の話しらしい。駅を出て下町方向へ向かう。昼時だったのでまずは腹ごしらえ。ロックそば屋があるとの話で恐る恐る入店。BGMが70年代ロックというだけで蕎麦は本格的だった。案外盛りが良かったがツルリと入ってしまった。

都会のど真ん中でも枯れ葉の季節、蔦の緑と茶色が楽しめる。晩秋の低い日差しに照らされた高速脇の良いポイントを発見。歩いていないとわからない古い建物とその隙間でしばし格闘した。ほとんどがコンクリートな通りの中で香ばしい看板を見つけて収めるもこの手の物件は少なかった。

 

f:id:twinleaves:20141127201923j:plain

永代橋を渡って門前仲町。広い歩道に並ぶ露店を抜け、富岡八幡宮への参道は人が多い、と思ったらちょうど七五三の日だった。ごった返した中心部の本堂には近づけず境内を後にした。歩き疲れたので近くのカフェでティータイム。よく見たら生豆が並び、焙煎機が鎮座ましている。本格的な喫茶店だったのだ。

ブラジルはヤバイとかスペインは最高なんて話を聞きながらまったりとしていたら日が落ちて夜に。予約を入れている桜鍋屋へこれまた徒歩でまっしぐら。建物も鍋も最高な店だった。南の島帰りの面々も合流し終電までの時間を楽しんだ。

 

 

Maker Faire Tokyo 2014 を見てきた

f:id:twinleaves:20141127004440j:plain

Maker Faire Tokyo 2014 の2日目に突撃。ほぼ開場と同時に到着したがすでに会場内はムンムンの熱気、午前中は空いているだろうという予想は完全に外れた。昨年250組の出展者は今年300組へと増加。来場者も1万人を超えているという話を聞いた。

 

f:id:twinleaves:20141125015225j:plain

立ち寄ったブースは40近くあるのでいくつかをピックアップ。

  • Carton 段ボール財布
    そこら辺に落ちていた段ボールを加工して作った財布。製作者自身が2年使ったというものも型くずれせず。かさばるのが難点だが。
  • ケルトニクス
    搭乗型外骨格。動力は搭載していなくて人間の力をそのまま伝える動作拡大型スーツで、見たとこ素早い動きは難しいようだ。1回500円で体験搭乗を提供していた。
  • R2ビルダーズ・クラブ・ジャパン
    スターウォーズR2D2を自作しようというクラブの展示。近寄ってみると各パーツがアルミ削り出し!お金かけてますね~とのコメントに相槌を打っていた。
  • 3Dマッピング照明「LiLi(ライライ)」
    デザインされたアクリル樹脂にLEDライトが取り付けられ間接照明やインテリアの一部として使えるもの。ぼんやりとした明かりに女性たちが興味を示していた。価格が手頃だったら売れるだろう。
  • フーワ 木製知育玩具 華将棋
    将棋の駒の上にその駒の動きを印刷したもの。ただそれだけのことだがアイデアである。入門者にはありがたいひと工夫だ。

どのブースも出展者が丁寧に説明してくれる。ココ作るの難しかったんじゃないですか?と投げると、そうなんですよ~と返ってくる。そして撮影に対しても快くガジェットを動作させてくれるのだ。これはいつも気持ちいい。

滞在すること6時間、全ての写真や動画はFlickrで見て欲しい。


Maker Faire Tokyo 2014 - an album on Flickr

 

Maker Faire Tokyo 出展ガイド 2014年版: 出展申し込みから落選しない方法や展示のノウハウまでを大公開します

Maker Faire Tokyo 出展ガイド 2014年版: 出展申し込みから落選しない方法や展示のノウハウまでを大公開します

 

 

【茨城・土浦】中城通りの歴史的建造物

f:id:twinleaves:20141119215237j:plain

茨城の土浦市、都心から1時間強で行ける地方都市だ。仕事でしか行くことはなかったが、チラッと香ばしい建物が見えたのでぶらついてみた。

後から調べるとこの中城通りは旧水戸街道の宿場町だったらしい。築100年以上と思われる建物が点在している。商業の中心地として栄えた時代の解説も掲げられていた。外見だけでも相当年季が入っているのがわかる。香ばしい。

 

f:id:twinleaves:20141119215234j:plain

栄えたのは昔の話。今は古い建物を観光用として保存している。中でも「まちかど蔵」として当時の呉服屋などが2軒無料開放されている。その内の1軒「大徳」に入ると土壁の蔵は資料館のよう。「どうぞ上がってご覧くださ~い」と後ろから声をかけられ見学する。歴史ある土浦の花火大会用に作られる各種花火玉、2階には大正時代?のレジスター等が展示されていた。

帰りがけに1階売店を覗く。おみやげのお菓子類や布地をゲットしたが、それぞれ200円台。市営だからだろうか爆安だった。

 

 

 

 

秋の防災訓練三連荘

f:id:twinleaves:20141113220912j:plain

秋になると防災訓練、今年はボランティア、町会、そして地域と続いた。

先ずはボランティア。消防署主導で消防団や区民消火隊などが集まった。今回は可搬ポンプの水源を工夫しようというもの。水道管が生きている前提だが、消火栓のマスに水を溜めて水槽にしてしまおうというアイデア。最近流行りのスタンドパイプは便利だが一つの消火栓から一本しか筒先へ給水できない。この方式だと2~3本の吸管を差すことも出来るのだ。同時多発的な火災には有効かもしれない。

貯水槽への注水にもいろいろな方法が。放水用の筒先では勢いがありすぎて固定しているのに疲れる。アダプタを付けたスタンドパイプで注水すればだいぶ楽になる。また、吸管を普段とは逆に使う手もあるという展示。いろいろ勉強になった。

 

f:id:twinleaves:20141113222359j:plain

お次は町内会。震災発生からの実働訓練ということで、会館に集合したのち高齢の要救助者宅へ向かい担架などで搬送した。エレベーターがない3Fからは二人がかりで抱えて下ろす。小柄なおばあちゃんで良かった。

バケツリレー・通報訓練と進み、スタンドパイプを使った放水も行った。これは何度となく見ているので道具があれば出来そうだ。

最後は10町会程度が集まる地区の防災訓練。あいにくの雨で広場から室内に変更になったが、AEDを使った心肺蘇生法の講習を手伝った。教えるのは地元の高校生、全校生徒が上級救命講習を受講済みというから頼もしい。最近はここまでやる学校が多いのだろうか。

 

DVDで学ぶカンタン!救急蘇生―胸骨圧迫&AED完全マスター

DVDで学ぶカンタン!救急蘇生―胸骨圧迫&AED完全マスター