キオクノキLOG

タビノキLOG イベントキLOG タイケンキLOG シコウノキLOG

【根津】あいそめ市とその界隈

f:id:twinleaves:20190512220900j:image

根津神社に程近い藍染大通りで年に数回開かれる地元の青年部による手作りイベント「あいそめ市」を覗いてきた。

 

f:id:twinleaves:20190512222049j:image

いつも楽しいイベントでお世話になっているSABOTENSさんとむらたぬきさんのブース。紐の絡まりが解けた狸マリオネットが元気に踊っていた。関節が異常に毛深くなっているのが気になったw

 

f:id:twinleaves:20190512222526j:image

マニアフェスタでも常連の台湾夜市屋さん。子供たちが沢山なので賑わっていた。しかし、話を聞くとゲームに対しては大人の方が熱量が高くなりがちだとか。わかる。

 

f:id:twinleaves:20190512223451j:image

会場となっているストリートには体験型の出展ブースが多かった。木工のお箸作りや尺八体験などだ。写真はないがイベント名にもなっている藍染を体験できるブースもあった。

 

f:id:twinleaves:20190512223923j:image

近くのお蕎麦屋さんが出しているブースでアイス蕎麦ラテをいただいた。すぐ近くだというので店先を覗いたら14時を過ぎているのに満員御礼で入場規制だった。2度目に立ち寄った時には店主さんがいてお話を聞く。昔は青年部の最年少が70代という時もあったが、若い人が増えてきてこのようなイベントが行えるようになったとか。下町ではあるが高齢者ばかりではなく新しい動きがある街なのである。

 

f:id:twinleaves:20190512224921j:image
f:id:twinleaves:20190512224925j:image

この界隈は何度となく散歩をしているが定点観測もまた楽しい。

 

f:id:twinleaves:20190512225155j:image

路地が多いのも周知の事実。その奥にどうやって入れたのか?・そこから出せるのか?という車庫を見つける。高さもギリギリでほんと出庫するところを見てみたいと思った。

 

f:id:twinleaves:20190512225625j:image

「ご自由にお持ちください」物件。その一ヶ所では既にブツがなくなっていた。日常的なリサイクル、見習いたい。

 

 

【イベント】「文ッ字フリマ」でパンダを見た

f:id:twinleaves:20190427210452j:image

町田で開催された「文ッ字フリマ」に突撃した。大日本タイポ組合が主催するタイポデザイナーたちが自慢の文字グッズを展示販売するイベントだ。

 

f:id:twinleaves:20190427210730j:image

会場は「町田市民文学館ことばらんど」という公共施設の2階と3階、上ってみる。


f:id:twinleaves:20190427205235j:image

会議室で使うような広さのスペースに所狭しとブースが並んでいる。立ち止まることも難しい程にタイポフリークたちが押し寄せた。正に動物園のアレだ。

 

f:id:twinleaves:20190427211002j:image

即売ブース以外にも展示スペースがあり、デザインの進行もわかる冊子が目に付いた。

 

f:id:twinleaves:20190427211153j:image

知人のブースを中心に買い漁る。予めツイッターのタイムラインで予習をしていたので「あーコレコレ!」と釣り上げるスピードは速かった。じっくり愛でようと思う。

 

まちの文字図鑑 ヨキカナカタカナ

まちの文字図鑑 ヨキカナカタカナ

 

 

 

【桐生】寂れた飲食街とモダン建築

f:id:twinleaves:20190425222133j:image

北関東は東北道と関越道に挟まれた桐生市に訪れる機会があったのでスネークしてきた。

 

f:id:twinleaves:20190425222350j:image

まずは下調べしておいた最安のコインパーキングへ。ウソだろ!と思うほど安い。60分/100円の表示が必要なのか疑問に思った。

 

f:id:twinleaves:20190425222644j:image

飲屋街を歩くと早速脇道の路地、入るしかない。

f:id:twinleaves:20190425222746j:image

共食いキャラである。遠くからも美味しい匂いがした気がする。

 

f:id:twinleaves:20190425225135j:image

廃屋と駐車場。新しもの好きの契約者がいるらしい。

 

f:id:twinleaves:20190425225321j:image

だいぶ疲れているスナック長屋。

f:id:twinleaves:20190425225406j:image

やはり廃墟状態だった。

 

f:id:twinleaves:20190425225706j:image

「鏡」という店。個室空間で朝5時まで、しかもこのエントランス!あやしい、怪しすぎる!が、路地を出て表通りから見たら普通のスナックのようだった。

 

f:id:twinleaves:20190425230757j:image

なんとなく気になった青い看板建築。

f:id:twinleaves:20190425230753j:image

路地を見たらとんでもないものの倉庫だった。

 

f:id:twinleaves:20190425231147j:image
f:id:twinleaves:20190425231152j:image

歩いていると所々にモダンな建築物。都心ではなかなか見られない形だ。建て直しが少ないのか面白いビルが残っていた。

 

f:id:twinleaves:20190425231419j:image

散歩途中で見つけた「桐生倶楽部」。調べたら大正8年建造だとか。とてつもなく古い建物と遭遇してしまった。あなたが優勝!

 

 



【藤沢】飲食朋友会と街中もじゃハウス

f:id:twinleaves:20190421183726j:image

日曜日午前中の消防ボランティアミーティングの後、夜の大船でのイベントまでに程よい散歩時間。ひと駅先の藤沢を目指した。

 

f:id:twinleaves:20190421184202j:image
f:id:twinleaves:20190421184158j:image

藤沢といえば定番の「飲食朋友会」、実は初訪問なのだ。いろんなところで紹介されていたが、もしかして更地かもと心配しながらのスネーク。残っていて安堵した。

 

f:id:twinleaves:20190421184908j:image

ど昭和な店構えが当時を偲ばせる。普通酒をあおりながらのおしゃべりが聞こえてきそうだ。

 

f:id:twinleaves:20190421212019j:image

この横丁、入口のアーチから気になったが蔦がすごいのだ。どこを向いてもグリーンが一面に生い茂っている。4月も半ば過ぎという季節がドンピシャなのもあるが壮観だった。

 

f:id:twinleaves:20190421214143j:image

朋友会の路地を抜けるとまた別の飲食店コンプレックス。キレイに上半分だけのデコレーションになっている。駐車しているベンツの脇も平気に通り過ぎていたが先人情報によるとやっぱりなエリアらしい。

 

f:id:twinleaves:20190421214816j:image
f:id:twinleaves:20190421214812j:image

先に進むと装テンが店舗だったことを主張している、もじゃハウス。前後左右どこから見てもグリーンしかない。テントも!

 

f:id:twinleaves:20190421221238j:image
f:id:twinleaves:20190421221231j:image

あるわあるわ、もじゃ物件。10歩進めばグリーンが大げさではないかもしれない。気流か何かの影響で温暖なのだろうか藤沢は。

 

f:id:twinleaves:20190421215810j:image

これは駅へと続くメインストリートに面する長屋店舗群。2Fが重点的にもじゃっている。意図的に誘導しているのだろうか。

 

f:id:twinleaves:20190421220105j:image

もうすぐ駅というところで木造建築ストリートを見つける。自分が子供の時の街並みがそのまま時間が止まったような雰囲気だ。しかし生活感はなく、藤だけが住人のようだった。

 

世界一の庭師の仕事術 ?路上花屋から世界ナンバーワンへ?

世界一の庭師の仕事術 ?路上花屋から世界ナンバーワンへ?

 

 



三島ダム湖畔の素掘りトンネル

f:id:twinleaves:20190407202149j:image

とある用事で君津市へ。2時間以上前に着いてしまったので下調べしておいた三島ダムをカーナビにセット。しかし今回のターゲットはダムでも満開の桜でもない、素掘りのトンネルだ。

 

f:id:twinleaves:20190407202838j:image

三島ダムのすぐ横にトンネルの入り口がある。写真の背後には満開の桜。ジモティーがバーベキューで宴会しているのを横目に腹を鳴らしながら進む。

 

f:id:twinleaves:20190407203822j:image

トンネルの壁面を見るとツルハシを叩きつけた跡がびっしりと並んでいた。なかなか珍しい光景だ。

 

f:id:twinleaves:20190407203753j:image

最初のトンネルは途中で90度曲がっている。役所が作るトンネルではあり得ない角度。パノラマ合成してみたがイマイチ直角感がわかりにくい。こういうのはVRが良いのだろう。

【2019年4月10日追記】

f:id:twinleaves:20190410163851j:plain

忘れた頃に作成されるGoogleフォトのパノラマ合成

やっぱりGoogle先生の仕事は間違いない。だけど、もっと早く作ってね♪ 

 

f:id:twinleaves:20190407204834j:image
f:id:twinleaves:20190407204829j:image

第2のトンネル中程に横への道。何も案内がないが進んでみると小さな建物。マップを見ると八雲神社という名称だった。賽銭箱はないのでジャランジャランとごあいさつしてから中を覗いたがよく見えなかった。

 

f:id:twinleaves:20190407220242j:image

トンネルの先にも道は続く。ダム湖の湖畔、ちょっとした入江に捨てられた小舟や流木が漂っていた。

 

f:id:twinleaves:20190407220450j:image
f:id:twinleaves:20190407220441j:image

道の終点には民家が数件。その近くには蜂の巣箱が並んでいた。何かを確認するために近づいたらハチの飛ぶ姿が見えたのでUターン。東京から1時間強な場所で養蜂が行われているとは思わなかった。

 

 

 

【東北震災遺構2018】③たろう観光ホテル

f:id:twinleaves:20180713075543j:image

東北震災遺構めぐりも最後の目的地へとたどり着いた。岩手県宮古市田老地区、津波で街が全滅になってしまったところだ。


f:id:twinleaves:20180713075550j:image

旧堤防と新堤防。古い方は一部損壊していた。新しい堤防は海寄りにより高く建設されていた。


f:id:twinleaves:20180713075553j:image

津波到達地点の表示は港湾施設と岩山に設置されている。今回の津波が如何に高いかがよくわかる。


f:id:twinleaves:20180713075546j:image

f:id:twinleaves:20180713075641j:image報道でもよく紹介されていた震災遺構「たろう観光ホテル」。1階と2階は津波で骨組みだけになっていた。

 

f:id:twinleaves:20180713075648j:image

あらかじめボランティアガイドを申し込んでいた。ガイドと一緒でないと中に入れないのだ。ガイドによる案内で客室内を見学、3階以上は何もなかったようにキレイな状態で残っている。さらに奥の部屋へと案内され、そこでホテルの社長さんが撮影した津波到達時のビデオを見る。沖合から黒い塊が迫ってくる、そしてホテルと海岸の間を消防車が走り抜ける。その直後堤防を安々と越えて迫ってくる大津波。映像で見ても迫力があり恐怖感を覚える。目の前でリアルに体験したら腰を抜かすだろう。実際、ビデオ映像は津波がホテルに到着するときの一瞬、カメラが上を向いてしまっている。本人は覚えていないそうだが自然と体が避けたのだろう。


f:id:twinleaves:20180713075645j:image

このホテルの社長さんは防災意識が高かったようだ。津波以前から掲示されている張り紙、従業員も全員無事だったそうだ。ホテルは近くに新築された。しかしこの被災建物は遺構として残すことを決めたのだ。石碑や碑文だけではすぐ忘れ去られる。これだけ大きい遺構でいつまでも危険に備えることを忘れないようにという思いだろう。次世代につなげて行きたい。

 

 

【東北震災遺構2018】②石巻市立大川小学校

f:id:twinleaves:20180510225817j:image

震災遺構2カ所目は石巻市の大川小学校へ。カーナビに「大川小学校」と入れて走り、到着すると報道で見た風景ではない別の小学校だった。校舎がなくなったので近くの小学校と合併となったようだ。「震災遺構」で調べてたどり着いた。 

 

f:id:twinleaves:20180510230615j:image

震災から7年以上経ったこの日もたくさんの花が手向けられていた。手を合わせてから先に進む。

 

f:id:twinleaves:20180510230652j:image

f:id:twinleaves:20180510230716j:image

津波に合う前のおしゃれな建物が偲ばれる残骸は静かに佇んでいた。緑と川そばの小さな町にこのような立派な小学校で児童たちも楽しく学んでいたんだなと想像した。

 

f:id:twinleaves:20180510230740j:image

f:id:twinleaves:20180510230802j:image

f:id:twinleaves:20180510230814j:imageコンクリートの構造物も津波の力によってなぎ倒されていた。生身の人間が耐えられるはずがない。

 

f:id:twinleaves:20180510230833j:image

校舎の奥には裏山、確かにすぐ近くにあり登るのも難しくなさそうだ。

f:id:twinleaves:20180601182955p:plain

www.kahoku.co.jp

いろいろ調べていくとこのハザードマップにたどり着いた。防災関係者で事前の情報が頭に入っていた人間ほど大川小学校は安全と思ってしまったのではないだろうか。結果的には負の防災対策になってしまった。

しっかりした防災計画と想定内だけにこだわらない人間の勘や本能などの総動員が生き残るためには必要になってくると感じた。