読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キオクノキLOG

タビノキLOG イベントキLOG タイケンキLOG シコウノキLOG

桜をたどって

f:id:twinleaves:20130412212400j:plain
朝日新聞夕刊「桜をたどって」を眺める。
人は桜を前にすると何か言葉にせずにはいられないらしい。(中略)年を重ねれば思い出とともに「あと何回見られるか」と。

う〜ん確かに。よく考えれば、あと何回だわな。

「不平等社会日本」などの著作がある社会学者。

はい来ました、そっち系。日本ほど平等な国ってそうそうないと思うけどぉ?

たとえば「散る桜」。その潔さが古来日本人の美質に重なる、という「桜語り」がかつて軍国主義に利用された。

例も出さずに断定ですかそうですか。

桜でいい気分になろうと思っていたのにiPadで文章を書くことになろうとは。。。

広告を非表示にする